So-net無料ブログ作成

千葉家【その4】

DSC_2204.jpg

 

入り口を入ると「庭」と呼ばれる室内の土間がありまして、

この左側が馬屋(マヤ)になっています。

ここでは映画「遠野物語」や「蜩の記」のロケ地にもなってまして

今はパネルの展示室になっていました。

庭は仕事場であり、接客場であり

当時は住家と馬屋をつなぐ大事な空間でした。

もっと話せば、庭には馬の肥料を作る釜もあり

馬の様子を見ながら、夜眠るまで人馬一体と申しますか

馬の気配を感じながら生活していたようです。

大変といえば大変ですが、それだけ馬が大事だったんですね・・・

今で言えば、馬は車のような存在だったんでしょう。

 

ここでもまた裸電球の灯りと、竹の笠が印象的でした。

 

土間の右手に2階に上がる、急な階段がありまして

アングルファインダーを忘れちゃいまして撮るのが大変でした。

ギリギリまで腰をかがめて、ピントあわせもままならないまま

「ま、いいか」という感じで撮りましたデス。

ほんとは寝転がって撮ろうと思いましたが

ほかの見物人もいるので、そこまではちょっとね(^^) 

 

DSC_2209.jpg


nice!(36)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。